旧ネーム (まさじぃ)です!
社会保険の内 公的年金制度とは・・  

社会保険とは、@ 医療保険 A 年金保険 B 介護保険 C 雇用保険 D 労災保険の五つの保険の総称となるが。

社会保険の内、公的年金保険制度とは、主に以下の三つの目的で成り立っています。

・退職後、老後の生活保障
・被保険者もしくは被保険者であった者が死亡した際の遺された家族のための生活保障
・被保険者が病気で働けなくなったり、怪我や障害を負ったりした場合の生活保障

※日本では1961年に実施された「国民健康保険法」の改正に合わせて『国民皆年金制度』が実施されており、国民全員が何らかの年金に加入しなければならない。

その公的年金制度とは主に下記の6種類に分かれています。

@職域を中心として組織されている厚生年金保険

・加入対象者:健康保険組合に加盟している法人企業勤務の会社員
・加入要件:@従業員501人未満の会社は労使の協定要 A週20時間以上の就労要 B月額賃金が8.8万円以上 C1年以上勤務見込みがある D学生以外
・加入団体:厚生年金基金等
・掛金支払:企業と個人が半額づつの支払い(個人負担金は半額)

A公務員などが加入する国家公務員共済組合

・加入対象者:共済組合に加盟している公務員として勤務している人
以下省略

B船員保険

・加入対象者:船員として勤務している人
以下省略

C各種共済組合

・加入対象者:各共済組合と年金契約を交わしている人
以下省略

D一般国民が対象となっている国民年金

・加入対象者:法人企業に勤務していない人(船員、各共済組合、農業者年金に加入している人を除く全員)
・掛金支払:個人全額負担

E農業者年金

・加入対象者:農業に従事している人
以下省略
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ