旧ネーム (まさじぃ)です!

2015/10/24

少女時代 ユナ・・「総理と私」  ドラマ

ユナ(少女時代)
クリックすると元のサイズで表示します

ホームドラマチャンネルで放映されていた

韓国ドラマ『総理と私』が17話で

今週放映終了しました。


キャスト

韓国史上 最年少の国務総理・・クォン・ユル(配役イ・ボムス)
《トライアングル、アイリスU等ドラマに出演》

七年前に妻を交通事故で亡くし、シングルファーザーとして三人の子供を
育てながら、韓国史上最年少の国務総理候補として社会を賑わしている。
清廉・剛直な政治家だが、家に帰ればラーメン一つ作れない。
子供達は、ほったらかしの駄目な父親。


三流芸能情報誌の記者・・ナム・ダジョン(配役ユナ(少女時代))
《ラブレイン、シンデレラマン等ドラマに出演》

元は作家を目指していたほど、文章力は優れたものを持っているが
文学では食べていけないと悟り、昔芸能ファンとして育んだ追っかけの
写真技術と共に三流芸能情報誌の記者をやっている。
一見賢そうだが、抜けている所が多い、しかしいつも笑顔の女性。


総理室最高のエリート秘書・・カン・インホ(配役ユン・シユン)
《製パン王キム・タック、隣のイケメン等ドラマに出演》

行政試験を次席で合格した頭脳だけでなく、容姿も完璧なイケメン。
初めてダジョンに逢った時は、情報誌の記者という職業に軽蔑していたが
ダジョンの全てを知って行くうちに、やがて特別な感情を持つようになり
彼女の一番の味方となって行く。


ストーリー

ちゃんとした文学の才能が有りながら、父親が痴呆で施設に入院している為

生活費が必要なダジョンは、文学で名をあげることをあきらめ、三流情報芸能誌の

記者となった。

その勤務を始めた会社からは、今を時めく韓国史上最年少の総理候補ユルの秘書との

ゴシップネタを取って来いと命じられる。

ダジョンは、シングルファーザーのユルの子供達と接触し始め、末っ子になつかれる。

或る時、その末っ子が別の芸能記者に誘拐されそうになっていたのを助ける。



子供を家に送って行こうと付き添って歩き始めたが、ユルに見つかり逆に犯人扱いを

受け、こっぴどく問い詰められる。

その場面を物陰から、記者に写真を撮られ、それが後に大騒動の発端となる。



最悪の出会いを果たしたユルとダジョンの二人だったが

運命のいたずらか、色んな出来事が重なって契約結婚をする事になる。

しかし、その結婚も色んな陰謀を企てる者のおかげで解消することになる

やがてユルは、総理職を辞任するはめになり、ダジョンとは別れを告げる・・

ダジョンは別れ際、総理の手を取りながら

「いつか縁が有ったら、今度こそ私たちの始まりです」

と言いながら、世界旅行に旅立ち、童話作家への道を進む・・



一年の時が経ち、ユルは大統領選の立候補の準備をしていた。

記者のインタビューを待ち受けるユルの所に、秘書のインホが現れ

「予定されていた記者は遅れるそうです。その代わり次の記者を呼びました」

・・・と言って立ち去る。



ユルの前に現れたのは ダジョン・・・

彼女が言う「私は本を書こうと思う、その本の名前は『総理と私』」

ユルは「面白そうな本だね」と答える。

続けて、ダジョンは言う・・

その本を書くためにインタビューを受けてくれますか?

10分だけと言わずに、生涯を掛けて・・・



ユナ
クリックすると元のサイズで表示します

イ・ボムス
クリックすると元のサイズで表示します

ユン・シユン
クリックすると元のサイズで表示します

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ