旧ネーム (まさじぃ)です!

2015/12/13

映画 杉原 千畝・・ 世界を変えた男  映画

映画 『杉原 千畝』

激動の 第一次・第二次大戦中に

日本の外交官として

英語、ロシア語、ドイツ語、フランス語等の

外国語を自在に話せる優秀な人材がいた。

その人の名は

杉原 千畝

クリックすると元のサイズで表示します

当時の混沌とした世界の中で

その類まれなる語学力によって

杉原は満州・リトアニア大使を命じられ

日本国の為に貴重な情報を収集し

国土に発信し続けた。

しかし、当時の日本国は

思想が偏りすぎていた為

日本国政府には受け入れられず

逆に相手国から敵視される状態になっていた。




杉原千畝は当時ドイツと同盟を組もうとしていた

日本の動きに対して

ドイツのロシア戦功の動きをいち早く捉え

日本のドイツ同盟に反対を唱え

日本の将来を予測して見せた。



そんな杉原大使だったが

第二次大戦のさなか

思い切った行動に出た。

日本国本土からは許可の降りなかった

ユダヤ人の亡命の為のビザを

自分の身の危険と引き換えに切り続け

何千人というユダヤ人を虐殺の危機から救った。

そんな世界を変えた男は

同じ外交官仲間からは

出世を考えない「大ばか者!」

と、評されていた。



やがて、外交官という職を自ら辞任し

念願のロシアへと旅立っていった。

ユダヤの多くの人達の感謝と

世界を変えた男という称号を

歴史に刻みつけて・・・



しかし、彼の苦渋の決断の都度

そのそばには、妻幸子の姿があった・・



杉原千畝役  唐沢寿明
クリックすると元のサイズで表示します


杉原幸子役(千畝の妻)  小雪
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1



2015/12/15  8:51

投稿者:まさじぃ

ある程度の歳を越えると
映画鑑賞代が安くなるので、家内と一緒に行っています。
いくらテレビ画面が大きくても
映画スクリーンは臨場感が違いますよ。

人生えいがぃになっているものです。
稼ぎが少なくなってくると、何かで優待される。

2015/12/14  22:48

投稿者:ふぃーゆパパ

映画お好きなんですね。
世の中がええがいに行くとよいものです。

http://kita0bombom.jugem.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ