2009/10/1

月刊スピリッツの飲み行ってきます  日記

今、小学館のある神保町に向かっております。
月刊スピリッツのギャグ漫画家さんたちが集まって「伊藤潤二さんを囲む会」という飲み会があるらしいです。
その模様は雑誌に載るとのこと。

すでに緊張しております…

僕はギャグ漫画が好きなんで、ギャグ漫画家にずっと憧れてるんですが、自分は「ギャグ」と名乗ってもええん!?って漫画しか描いてないんでちょっと不安です…

とろけでいうと、ギャグは「おもろい漫画」になるためのひとつの方法なだけであってギャグ一色じゃないし、月刊スピリッツの島の漫画はギャグという意識よりも、「シャレ」という意識のほうが強いんで、両方とも爆笑は狙ってないんです…
クスクスしてもらえたら最高という漫画…

ば、場違いにならんかったらええが…

あと、K添さんに小学館まで来てもらって3巻の本屋に置いてもらうPOPを渡します。
前に「塗り絵」として描いた絵に色を塗って無理矢理POPにしました。

毎回表紙とか、こういうのは笑顔を強要されるので、キャラが無理した顔になるんですが、
このPOPは、強要されず自由に描いたので、キャラ本来の性格が出てて、僕はお気に入りです。

あー、神保町に近付いてきましたー…
緊張する…
迷惑だけはかけんように、端っこにこっそりおろう…

ちなみに、伊藤潤二さんの月刊スピリッツの連載がおもろすぎる……
クリックすると元のサイズで表示します



2009/10/5  8:24

投稿者:野村

シマさん

はつらつ、全く意識しとらんかったです…
さと子が自然に動くとはつらつしとるんでしょうね。
こういう表紙のような絵で、
素直な表情のできるのは、さと子のみ…
後のキャラは、恥ずかしがったり緊張したり…
作者として、コントロール出来んのが情けないです。


とらあすさん

飲み会は、伊藤潤二さんの横で、たくさん話をすることができ、幸せでした!
モリタイシさんとはお話できませんでしたが、
来られてたので、月刊スピリッツの3号に記事が載ると思います!
11人漫画家が集まってたので、
くじ引きで、
ひとコマリレー漫画を描きましたよ。
僕は序盤で、あんまり漫画に生かせてないコマになったんですが、おもろかったです!
どうも、その飲みのページが10ページもあるらしいので、お楽しみくださーい。

2009/10/2  16:15

投稿者:シマ

野村先生のマンガは女性キャラがはつらつとしてるのが魅力のひとつですよね。このPOPみてそのことを思い起こしました。

2009/10/1  17:38

投稿者:とらあす

このPOP、欲しいなあ・・・。
僕は「今日のあすかショー」が好きです。

飲み会結果教えて下さいね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ