2010/3/5

パーティーいってきました。  漫画

先日、深夜食堂の安倍夜郎さんが、
小学館の漫画の賞をとったパーティーがあり、
嫁様の付き添いプラス子守として、ついていきました。
ビックコミックオリジナルという、おじさんの雑誌なので、
集まった方々の年齢層はかなり高く、大人のパーティーって感じです。
で、出てくる料理が深夜食堂に出たメニューばかり!!
これがくそ美味い!
赤いタコのウインナーに、
キャベツと塩昆布あえとるやつに、
やきそば目玉焼きのせに、
アジフライに鳥にホワイトクリームかけたやつに…

息子も夢中でくいつづけてました!

で、僕が上京して、とろけの2巻が出るまでの間、
アシスタントとして雇ってもらって生活を支えてくれていた僕の師匠、
高田靖彦先生が来られていて、息子が高田先生に甘えまくり…
高田先生、すんごい優しいんで息子のわけのわからん話をずっと聞いてくれてました…
ほんますんません!!

高田先生は、生粋の広島人でして、
こっちで唯一カープの話ができる方なので、会うとまず、カープの話になります。
今は週漫サンデーで、「ふたりのり」という漫画を週刊連載されてます。
やっぱ週刊連載は地獄のようです…

高田先生の作品で、僕が主に手伝ったのは、
「HOVER」と「ハイサイ!甲子園」という漫画です。

高田先生の作品は、なんかですね、普通じゃないんですよ…情けないのに男らしくて、ひねくれとる作りなのにわかりやすく深くおもしろい!
僕は先生の下で働けることになった時、大喜びでした!

実際働いてみて、もう勉強しまくり、迷惑かけまくり、いろいろ相談にものっていただいたりで、ほんとに感謝しきれんほどのものをいただきました!

話は戻り、パーティー。
息子が風邪で前日熱を出してたので、僕は嫁を残し息子と早めに会場を出て、
近くに3人で7000円くらいの小さな部屋のホテルを借りてたので、
そこで息子と二人でぼーっとしてました。
その間、嫁は忙しい安倍さんとたくさん話せたようで、
よかったです!
安倍さんと会うのは2度目なんですが、
僕と漫画家になるまでの挫折の仕方とか経緯とかが似てるので、
話をしてもらうと、おもろい話の中にも、
すんごいヒントになることだらけだったり、
気持ちをわかってもらえたりで、まさに深夜食堂に来た気分になります。
独特の気持ちいい居心地を作って下さる方です!


で、嫁が深夜食堂に浸ってる間、
ホテルでは息子の熱が復活…
でもすんごい元気で暴れまくり…

今日も熱があるのに、普段と変わらずでした。
で、僕と嫁のほうが風邪で死んでます…
2月頭からずっと鼻水出続ける野村家…
休まんといけんくらい酷くなるか、即治るかにしてほしい!!









2010/3/18  20:42

投稿者:野村

レイスケさん

単行本ありがとうございます!
が、ものものじまは、とろけとのベクトルが違う、かなりの飛び道具なんでご覚悟を…おまけをたくさん入れて悪ふざけしまくってます。
僕はどっちも好きなんで、よろこんでいただけると幸いでーす・・・

2010/3/14  0:28

投稿者:レイスケ

そうですよ!マイナーだとか、そんな縮こまった考え方じゃ、本当に良い作品が世に広まりませんよね!!

「知る人ぞ知る作品」は勿論良い!!それ以上に、そんな作品こそ世に知ってほしいですよね。
私は、そんな作品を偶然知っただけですが(笑)「とろ鉄」4巻。「ものものじま」楽しみでしかたないです!!


2010/3/13  8:17

投稿者:野村

ぶり返し、息子と僕まだつづいてます・・・
長過ぎです・・・

僕は賞に関しては常に弱いですよー!
一応とろけは僕なりに必死に王道漫画を目指して描いとるつもりなんですが、賞は無理です!マイナーって言われてるらしいんで・・・
僕の中では、北野武映画もつげ義春さんの漫画も溶接も、マイナーとかでなく「ただおもろいもの」なので、メジャーとか、マイナーとかサブカルとかいう概念をこの世から無くしてほしいです・・・
(すみません!つい愚痴を・・・)

2010/3/12  23:03

投稿者:レイスケ

息子さん治って良かったと思ったら、ぶり返してしまいましたか…でもすごくテンション高く楽しめていたってのが伝わりましたよ。

それにしても先生も賞を手にする日は、そう遠くないはず!!?お身体にはお気をつけつつ…。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ