2012/6/28

ものものじま3巻発売でやんす  漫画

6月29日、明日ものものじま3巻最終巻発売になりまーす!

クリックすると元のサイズで表示します

このインパクト!デザイナーさんがほんま、
ものものじまのイメージを無茶苦茶上手く
表現して下さいましたー。
(表紙の打合せ、僕、最近、何も考えずに行くんです。デザイナーさんのアイデアほんま凄いんで。)

あ、あと絶対表紙はいで、中もみてやってくださーい!!
えーと、画像ちょいだし。

クリックすると元のサイズで表示します

「しまこうほう 2012年夏号」になってます。
これは表で、裏には島で働く方のインタビューが!
担当さんとデザイナーさんがほんまええもんを作って下さいました!!

これを見た時、もうこのマンガ終わったんだなーと 、
なんとなく切なく・・・
(ここまでくだらないマンガを今後、描かせてもらえるかどうか・・・)

帯にこんな人におすすめってのがあるんですが、

○ゲートボールに未来を感じてる方
○過疎に恐怖を感じる方
○東京に憧れてる方

などにおすすめです。
(・・・・・・・)

まあ、こんな感じのアクの強いマンガなので、
初めて手にとる方は気をつけてください!

あと、ほのぼの、不条理、シニカル、ブラックユーモアとかよく言われるんですが、(帯にも書いてあるの・・・)
僕はその辺意識してないです・・・


あ、ものもの描いててわかったのが、
こんだけ無茶苦茶しても、僕が描きたいのって現実なんだなーと思いました。
というか、無茶苦茶だから描ける現実かなー。

とにかくボケながしマンガなんで、
読まれた勇気のある方は
つっこんでやってくださーい!
(あーあ、いっちゃった。野暮野暮)


報告でしたー








2012/9/3  11:52

投稿者:野村

ブログほったらかしでしたー
みなさんコメント遅くなってすみません!

たけぞうさん

はじめまして、ありがとうございます!
毛色の違う二つの漫画を!
広島弁使って下さーい!
よろしくお願いします。


レイスケさん

ものものはおバカな漫画なので、
感動されたとのことでこちらこそ申し訳ないです・・・でも嬉しいです!
ありがとうございます!
とろけ何度も読み返していただけて、感謝感謝です!ありがとうございます!


a-rinkawaiiさん

はじめましてー。
ガス屋さんもう2ヶ月ですかねー
(遅くなりまくりすみません!)
そろそろ慣れて来たころでしょうね!
頑張って下さーい!
僕も頑張りまーす!


あずきさん

コマズアイは、ものの数だけずーっと描けちゃうんで、(アホな作り方させるだけなんで簡単な物ボケなんですよー)
どっかで自分でゴールを作んないと、締まらんなーと思い3巻で辞めちゃいましたが、もう1巻くらいあっても良かったかもですね・・・
東京さんは、最後の奥付のページにヒントがあります。
ありがとうございまーす!

2012/8/11  21:44

投稿者:たけぞう

はじめまして
とろ鉄とものものじまをこよなく愛してるおっさんです。
とろ鉄のおかげで広島弁をつい使ってしまいそうになります。
溶接とか町工場のエピソードいいですね。
ものものじまのあやしい世界も大好きです。
ものものじまが終って残念です。また新作をお待ちしています。

http://blogs.yahoo.co.jp/nishi315212000

2012/7/22  1:14

投稿者:レイスケ

非常に遅れて申し訳ないです!
ものもの最終巻と、とろけ8巻買いましたー!!
ものものは凄くおバカ(すんません)で、すごく感動しました(>_<)純水で素朴で、小さな子供の頃に感じた素直な感動を覚えました!素晴らしかったです!ありがとうございました!!
とろけは同じ先生の作品なのに、まるで違う雰囲気です(>_<)のめり込まずには、いられない(^-^)相変わらず何度も何度も読み返してしまう魅力満載です!
また新作を心待ちしています!ありがとうございます!

2012/7/4  23:15

投稿者:a-rinkawaii

突然ですが僕は今年26歳になるもので、大学を卒業して就職活動をしておりました。
本日ガス屋の大野さんと同じようなガス会社に内定が決まりました。面接ではじめは重い雰囲気でしたが、とろける鉄工所の話をしてから雰囲気ががらりと変わり、話が弾んで内定をいただけました。とろ鉄コミックス全巻買っております。野村さんに感謝しております&応援しております!

2012/7/4  18:56

投稿者:あずき

三巻読ませていただきました。正直まだまだ色々な職人技を見たかったです。そして、心配な東京さん。彼はどうなるのでしょうか?とても変わっていましたが、とても楽しいお話でした。ありがとうございました(*^o^*)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ