2008/11/25

とろけが表紙=遊びらしい  漫画

東のどさ回り終了しました!
新たにサイン本を描いたのは、丸善 丸の内店さん(6冊)のみです。

他の店ではおかげさまで、本が売れてほとんどなくなっておりました。
買ってくださった皆様ありがとうございます!!

と、ここで本題。

イブニングの24号で表紙をいただきまして、
これが大変だったんです。(こっから長くなります…)

まず、表紙の担当さんに「5人並びで北さんはさわやかな笑顔」
を、要求されました。

が、北さんはこういう表舞台に立ってさわやかな笑顔ができるような奴ではなく、
照れ笑い、もしくは困った感じの作り笑いしかできないので、
北さんが笑ってくれんのですよ…

ので、相談したところ表紙の左下の方に小さく印刷されている、
主要キャラ5人と工具7種類、計12枚の絵をバラバラに大きく描いて、
それを縮小して、バラバラに配置してもらう案がでました。

で、それを描いているときに、「はっ」と気がついたんです。

北さんが笑う方法…

ラッカーシンナー

はい、こっからは描ける描ける!!
ラッカーシンナーを持ってるだけでは変なので、
ラッカー系さび止めとローラーを持たせて、
北さん笑う笑う!!

ところがですよ、さび止めをリアルに赤く濃く塗り、
リアリティを出すために缶にたれさせ、
前かけや手や顔に飛び散らせて塗ると…

怖っ!!

血が飛び散ってるようにしか見えません…
その飛び散った血を笑顔でローラーで掃除する北さんにしか…

当然即ボツ

で、さわやかな今の色に。
作業着も優しくさわやかな色に、(それまで濃紺)
知らない読者様がパッとみで手にしていただけそうなさわやか〜な表紙になりました。
僕はかなり気に入っておるのですがね。

あ、僕の要望では、よっちゃんの顔のところに文字を入れて見えないように下さい!
と、伝えとったのに顔丸見え…
表紙的に顔を隠すのはアウトなんでしょうか。

でも、別に描いていた12枚のキャラと工具も、デザイナーさんのご厚意で全部使ってもらえたし、ほんと勉強になって良かったです!!

今後北さんを素直な笑顔にするときは、ラッカーを使います!!









2008/11/27  15:12

投稿者:野村

かずさん

笑顔、違和感ありありでしょ…
彼は人に気を使う事の少ない溶接工が向いてるようです。
丸の内店、次の日でした…


ママチャリさん

血まみれのはかなりひきますよ…
北さんが白目なのは、
モディリアーニって画家の肖像画が、
白目ばっかで、僕はなんかわらけるんで(でも好きなんですよ)、
モディリアーニだけセコイ!!と思い、
白目を使わせてもらった次第ですが、
これがほんと表情出すのが難しい!!

でも一番むずかしいのは北さんの髪型なんです…奴の髪型にはルールがないんで(最初適当にかいたんで…)


とらあすさん

あのよっちゃんでさえ、って…
北さんは、
さわやかな魚屋さんみたいですよね。

鉄男さん
半自動溶接娘って…
すごい言葉ですね…
焼けさせないで下さいね!!!!

2008/11/26  22:19

投稿者:かず

北さんのやけに爽やかな笑顔の裏に、まさかそんな側面があったとは・・・めちゃオモロです。
イブニング手に取った瞬間に、この笑顔ウソやんと思えたのは、それがあったからだろう。
よっしーの行動に男として共感できる部分もあり、次号のオチ(絶望感?もしくは超自己中妄想?)に期待です。

2008/11/26  22:14

投稿者:かず

いつも面白くブログとマンガを読ませて頂いてます。
先日、11/24(月)に丸善の丸の内店で「とろ鉄」を購入したんですが
サイン本ありませんでした…

今日のブログでは丸の内店で追加したとのこと。
オレのタイミングが悪かったんだなー。

2008/11/26  20:32

投稿者:ママチャリ

ラッカーシンナー(爆)
あの温和な微笑みにそんな背景があったとは…。

個人的にはスプラッター北さんも見てみたい気もしますが、
ホントきれいな色使いの、ステキな表紙でしたね。
コンビニでもパッと目をひきました。

目と言えば、北さんはいつもほぼ白目(?)ですよね?
女性陣はもちろん、小島さんも今井さんも
吉っちゃんでさえ黒目があるのにナゼ?

と言いつつ、
喜怒哀楽を全て白目で表す北さんが大好きなのでした。

2008/11/26  20:21

投稿者:とらあす

表紙。とってもきれいです!
みんな生き生き、あのよっちゃんでさえ可愛く思えます。

大阪市営地下鉄の売店でとても明るく映えてましたよ!!

2008/11/26  12:55

投稿者:鉄男

サイン本えらい欲しいんですけど・・・

野村師の単行本に触発されて今半自動溶接娘を描いてるとこです(笑)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ